周辺機器の話

グレゴリー「テールメイトS」はカメラバッグ兼、普段使い用としても機能するのか検証

周辺機器の話

カジュアルで気負わずに持ち出せて、中級機のミラーレス一眼が入るバッグがほしい思っていたところ、グレゴリーのテールメイトSがそこそこ内容量も大きくて丈夫そうで良さげだったので、この度購入してみました。

テールメイトS|GREGORY公式ストア #GREGORY公式ストア
タウンユースから野外を散策する際に最適な、必需品を収納するのに便利なパックです。大容量のメインコンパートメントにはメッシュポケットとオープンポケットを備え荷物を効率よく整理して収納できます。ウェストに巻くもよし、ショルダーに掛けるもよし、使い方は自由です。 テールメイト紹介記事はこちら ※テールメイト すべてのサイズ...
スポンサーリンク

スペック等

グレゴリーから発表されているスペックは下記の通りです。

●サイズ・・・幅39.5cm × 高さ16cm × 奥行き13cm
●内容量・・・8L
●重量・・・・410g

奥行きが13cmで内容量8Lと、ボディバッグにしては結構大きめのサイズだと思います。

内ポケットなどの収納

メインの収納スペースには内ポケットが前後に1つずつあります。

前後のポケットどちらも スマホ(iphone SE2) が1cmほど飛び出るくらいの深さです。

メインのスペースにスマホ(iphone SE2)を入れてみるとこんな感じです。

ミラーレスカメラが余裕で入る

ミラーレス一眼を入れたときの収納力がどんなもんなのかを見ていきます。

SONY「a6500+SEL24f18z」を入れてみた

右側にぴったりくっつくようにカメラを入れています。
sel24f18zはフードをつけると単焦点の割には長めのレンズで、このレンズをつけたままだと、大体半分くらいのスペースを専有します。

残りのスペースにスマホを置いてみると、楕円形のカーブの部分にあたってスマホがまっすぐ置けませんでした。

高さの余裕はかなりあります。
9cmくらい余裕があります。

500mlペットボトルを入れても余裕がある

空いているスペースに500mlのペットボトルを立てて入れて見ました。
ファスナーはしまりますが、ややかばんの形がゆがむ感じでした。

カメラの方に立てかけるように斜めに入れると普通にファスナーは閉まります。

カメラの上に横に置くとさらに余裕で入りました。

スナップするときにはこまめに水分補給もしたいので、500mlのペットボトルが入るかどうかは僕にとってはかなり重要です。

インナーボックスを入れるとこんな感じ

ハクバのインナーボックスを入れてみましたが、ぴったりでした。
無理やり押し込んでいる感じもなく、バッグが内側から押されている感じもないです。

ただこういったインナーボックスを入れると、残りのスペースはスマホの横幅分くらいしか余裕がなく、交換レンズを入れるにしてもコンパクトなものしか入らないように思います。

大きなレンズであっても、カメラの上に寝かせて置くのであれば入るとは思います。

カメラと財布、イヤホンくらいを持ち出すならカメラの収納優先でインナーボックスを入れても良いかもしれませんが、いろいろ入れたいとなるとインナーボックスがでか過ぎて邪魔なので、下のようなカメラを包むクロスを使ってスペースを有効活用するのが良いように思われます。

デメリット:荷物が真ん中に集まる

デメリットとしては、バッグの形が楕円形なので、中の荷物が自然と真ん中に寄ってきてしまうところです。
なので細かいものを大量に入れると少し探しにくいかもしれません。

あと几帳面な方でバッグの中の荷物をきれいに並べたい方にとっては、荷物がまっすぐ置けず転がってしまうので、イラッとするバッグかもしれません。

小物を入れるなら下のようなポーチも一緒に買ってバッテリーやフィルターなどを整理するのもありだと思います。

タイトルとURLをコピーしました