RAW現像の話

RAW現像の話

キャプチャーワンを使った写真管理 / セッションファイルは1ファイルがおすすめな理由

以前、写真管理はキャプチャーワンのセッションを使った方法が便利とお伝えしました。 そのセッションを使った管理において、さらに便利にスマートに、またシンプルに管理できる方法を考えましたのでお伝えしようと思います。 セッシ...
RAW現像の話

キャプチャーワンのスタイル「マットスタイル / MATTE Style」をレビュー

今回はキャプチャーワンの有料スタイル「マットスタイル / MATTE Style」をレビューしようと思います。 スタイルとはいわゆるプリセットのようなもので、色味や明るさなど様々なパラメーターがパッケージになっているものです。例えば...
RAW現像の話

キャプチャーワン「BEYOND FILM」の「K100」というスタイルが良い感じ

キャプチャーワンというRAW現像ソフトの、プリセット的なものである「BEYOND FILM」というスタイルについて先日レビューを書きました。 富士フイルム系2つとコダック系2つが含まれたスタイルなのですが、その中...
スポンサーリンク
RAW現像の話

RAW現像上達のコツ|一歩進んだ大人のRAW現像をするには

RAW現像レベルアップのコツは「引くことを」覚えること RAW現像を始めたての頃は、RAW現像ソフトでできることが多ことに感動し、色々なパラメーターを動かして盛り盛りの写真に仕上げてしまうことがあると思います。 SNSでも目を...
RAW現像の話

ライトルーム:「テクスチャ」「明瞭度」「かすみの除去」「シャープ」の使い分け

ライトルームにはテクスチャや明瞭度のように、鮮明さやコントラストを調整する機能がいくつかありますが、どいういう場面でどの機能を使えばよいのか分からないという問題を抱えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。 今回の記事では、僕な...
RAW現像の話

カタログでの写真管理におさらば / キャプチャーワンの「セッション」を使った写真管理がおすすめ

キャプチャーワンは「セッション」が使える=カタログを作る必要がない RAW現像ソフトの2大巨頭として、Adobeの「ライトルーム / Lightroom」と、PHASE ONEの「キャプチャーワン / Capture one」がある...
RAW現像の話

フィルムシュミレーション「エテルナ」を使った現像のコツ

富士フイルムの人気のフィルムシュミレーションに「エテルナ / ETERNA」があります。 こちらのフィルムシュミレーションはコントラストや彩度がやや低く、シネマライクな雰囲気が手軽に楽しめるものですが、現像の仕方によっては中途半端な...
RAW現像の話

写真の現像ソフトはcaptureone(キャプチャーワン)がおすすめ|lightroom(ライトルーム)との比較も

こだわりたいならキャプチャーワンがおすすめ! 僕は写真の現像にキャプチャーワンを使っています。 先日アドビフォトプランを契約し、ライトルームも使用しましたが、やはりキャプチャーワンの方が便利だと感じまし...
RAW現像の話

RAW現像のコツ|ナビゲーターは常に表示させておくべき良い3つの理由

RAW現像ソフトには必ずついてる「ナビゲーター」ですが、使っていない方も多いのではないでしょうか。目の前に写真が表示されているからナビゲーターを表示する意味はないのではと思われる方もいるのではないでしょうか。 僕も以前はそう思ってい...
RAW現像の話

キャプチャーワン|「BEYOND FILM」というフィルム風のスタイルを購入してみた

「BEYOND FILM」スタイルとは スタイルとは まずキャプチャーワンのスタイルとは何かということですが、アドビのライトルームで言うプリセットのようなものです。 各スタイルには色味や明暗などのパラメーターが設定されて...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました